BCS(ボディ・コンディション・スコア)とは?

ボディ・コンディション・スコア(BCS)とは、ワンちゃんの適正体型を簡単にチェックできる便利な基準のことです。犬種や体格によって若干の違いはありますが、「BCS3」が理想体型とされています。

メディコート「ボディコンディション」ビフォーアフターグランプリでは「BCS3」を目指して体型管理にチャレンジします。

BCS1

やせすぎ

肋骨や腰の骨格がはっきりと浮き出て、触ると簡単に骨がわかる。上から見ると砂時計のような体型になっている。

BCS2

やせ気味

肋骨が少し浮き出ていて、なでると骨がわかる。上から見ると腰にくびれがあり、横から見たウエストも細くなっている。

BCS3

理想体型

肋骨が薄い皮下脂肪で覆われていて、なでると骨がわかる。上から見た腰のくびれはゆるやか。横から見たウエストがゆるやかに細くなている。

BCS4

太り気味

厚い皮下脂肪で覆われ見た目では肋骨がわからない。上から見ると、かろうじてくびれがあり、横から見たウエストは引き締まっていない。

BCS5

肥満

非常に厚い皮下脂肪で覆われ、見た目でも触っても肋骨がわからない。上から見て腰のくびれがなく寸胴。横からは腹が張り出し垂れ下がっている。

ボディ・コンディション・スコア(BCS)のチェックポイント

愛犬のBCSをチェックするポイントは、「肋骨(あばら)」と「腰(くびれ)」です。これらは「上」と「横」から目視することでもある程度チェックできますが、長毛種など、目で見ただけではわかりにくい場合もあります。そこで愛犬の体に実際に「触る」ことで、5段階の内どこに当てはまるかをより確実に調べます。
  1. 横からチェック/ウエスト部分を見て腰のくびれ具合をチェックします。
  2. 上からチェック/ウエスト部分を見て腰のくびれ具合をチェックします。
  3. 肋骨チェック/肋骨(あばら)に触れてみて、どの位浮き出ているか調べます。
  4. ウエストのチェック/ウエスト部分を触って、腰のくびれ具合をチェックします。
  5. 腰骨のチェック/腰の骨に触れてみて、どのくらい浮き出ているかを調べます。

健康的な食習慣をつくり理想体型である「BCS3」を目指しましょう!