メッセージ・コンテスト メッセージギャラリー

メッセージ・コンテストは終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

受賞作品は、12月24日に当ホームページで発表いたします。

メッセージはタイトルやニックネームで検索できます!
お友達に教えてみんなに見てもらおう!

<前へ12345678910 ... 次へ>

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

はじめまして応募日:2009.12.04

あこ

ずっといっしょ

うちに来てくれてからまだ3か月も経っていないけど、すっかり家族の一員だね。まだ仔猫でおてんばだから、ゆっくり遊べないけど、もう少し大人になったらゆっくり遊ぼうね。

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

はじめまして応募日:2009.12.03

吹雪アスカ

いつもありがとう

君が我が家に来てから、もう2年が経ちます。
6ヶ月という、とても難しい歳で迎えられた君。
最初はとても威嚇して、皆とても困らせられました。
今は自分から膝の上に乗ってくるくらい、家族に慣れてくれた君。
いつもそのちょっとした仕草や寝顔に癒されます。
威嚇しなくなってくれてありがとう。
心を許してくれてありがとう。
私たちの大切な家族になってくれて。生まれてきてくれて、ありがとう。
これからも、よろしくね。

ありがとう応募日:2009.12.03

元吉大全集

いつも癒しをありがとう

ナナへ
うちに来てもう早くも20年になろうとしていますね。あなたが生まれてきたのが、本当についさっきのことのように思います。今は、すっかりお婆ちゃんになって足腰が弱ってきてるけど、威勢の良さは若い頃のまま。その元気をいつまでも続けてくださいね。ずっと元気でいてね。

ありがとう応募日:2009.12.03

はな

いつもいっしょ

子供のいない私たち夫婦のもとに来て早10年、あなたは私たちの娘です。わがままでおこりん坊なのに、ビビリで甘えん坊・・・そんなあなたが大好きです。これからもずっといっしょにいようね。

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

はじめまして応募日:2009.12.03

むふぁ

何考えてるの?

おばあちゃん家に行く時たまたまいつも通らない道を通ったら、キミが落ちていました。まだ目も開いてなくて干からびかけていたね。おばあちゃんにはボロ雑巾拾ってきたのかと言われたんだよ。
キミは自分で生きる気力もなかったみたいだね。毎日お医者さんに連れて行ったんだよ。たぶん育たないと思うよって言われて…
それが今ではこんなになっちゃって…最近は大きな体で偉そうな顔。キミがいつも何を考えているのか知りたいなー

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

はじめまして応募日:2009.12.03

みやまま

傷だらけの手

君が家に来てから、ママの手は傷だらけです。
なんでガブガブとかみつくのかなぁ?
せっかく君と出会うきっかけになった七福神の「福」から「ガブ」って名前に変えられちゃうよ?
でも、君の安心しきったその眼を見ていると、傷の一つ一愛しかったりするのです。猫ばかだね。安らぎをありがとう。

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

はじめまして応募日:2009.12.02

dai

大好き!

日当たりの良い窓辺で、じーっとお座りして日向ぼっこしてる姿を見ると、あ〜今日も良いお天気で良かったなぁ、とか、家族みんなが元気で良かったなぁって、普段当たり前すぎて気づかないことを気づかされます。当たり前の毎日が一番大切なことなんやね。めい、いつもそばにいてくれてありがとね。

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

ありがとう応募日:2009.12.02

nagi

そばにいてねvv

3年前、ボランティアから我が家へ
初めて会った時は、本当にちっちゃかったね
今でも、オスにしては小さくって・・・
(そこが可愛いv)

やんちゃで甘えん坊なイオリちゃん。
いつまでも、そばにいてね

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

ありがとう応募日:2009.12.02

KIKI

でもどり

ボランティアさんから2回の出戻りとワルのお墨付きで家にやってきた真っ黒でモコモコ短足短尾のきみ、まっすぐ私の目を見上げていたね♪うちの子に成ってからは良いこのお手本のよう新しい名前は母が子供の頃読んでいた絵本から頂きました「黒猫タービー」おすわりと待てもできてお見送りにお迎え、お風呂は蓋の上で一緒に入るかなり猫離れした猫 出戻ってくれてありがとうタービー♪

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

はじめまして応募日:2009.12.02

小月

助かって良かった。

夜、大きな側溝の底で、鳴く彼女を見つけ助けようと何時間か格闘しました。
途中、通りがかりのトラックの運転手さんが、金網を退けようとして下さったりしたのですが、その時は助からずお礼を言い別れました。
その後、やっと人が入れる場所を見つけ彼女が怖がらないよう、目の前でクモや虫が動くのを我慢しながら確保しました。
その後も色々ありましたが、今は彼女といつも一緒です。
出会えて助かって元気でいてくれてありがとう。

<前へ12345678910 ... 次へ>